【団】活動自粛期間について

日本連盟コミッショナーよりコメントがでました。

次の週末、みなさんはどう過ごす予定ですか?こちら(東京)は、緊急事態宣言の発表を受け、普段の春とは全く異なる雰囲気に街全体が包まることになりそうです。
 活動自粛が始まってからもう、ひと月以上が経ちました。しかしながら、新型コロナウィルスの感染拡大は止まらず、街の状況をみながらの自粛継続をお願いしたところです。私たちはみな、事態の沈静化に向けて協力していかねばなりません。

 このような事態だからこそ、スカウティングの原点に立ち返りたいと思います。私たちの「活動」は、決して、集まらなければできないものばかりではありません。一人ででも、自宅ででも、できることはたくさんあります。
 

 ビーバースカウトのみんな、ビーバーノートをひろげて、よんでみてください。そこには、おうちでできることがたくさんあります。おとうさん・おかあさんといっしょに、はじめてみてください。
 

 カブスカウトのみなさん、カブブックを読んで、あたらしいことにチャレンジしてみましょう。家の中でなければできないこともたくさんあります。取り組んだらほご者の方にサインしてもらい、それを次の隊集会で、隊長に見せてください。隊長はきっと喜ぶでしょう。
 

 ボーイスカウトの諸君、新しくなったスカウトハンドブックを手に、これまで学んだ技能がきちんと身についているか、確認しましょう。また、班長はぜひ、班員の近況を確認してください。電話でもLINEでも、ほんの一言の声掛けが班の絆を深めます。
 

 ベンチャースカウトの皆さんにはぜひ、次のプロジェクトへの考察を深めるほかに、「いまの社会に対して、私達に何ができるのか」ということに、思いを巡らせてみてください。
 

 ローバースカウトの皆さんなら、顔を合わせずともSNSなどで繋がり合うのも容易なことでしょう。ぜひ、「いまの社会に対して何ができるのか」話し合ってみてください。

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です